40代に人気の米肌とラナレイを比較!

通販のCCクリームで人気と実力を分けあう米肌とラナレイを比べてみました

 

ラナレイCCクリームと米肌CCクリームどっちがいい?
米肌CCクリームとラナレイプリズムCCクリームは、どちらもすっぴん風メイクが簡単にできることで、今年売れている化粧品です。
同じ値段で同じくらいの用量が入っているこの二つの商品を初めて使う時、どちらを選んだらいいか迷ってしまう人も多いので、違いについてガイドします。

 

とにかく毛穴をきれいに隠したい人は米肌CCクリームを選んで

 

紫外線対策と毛穴のカバーを重視したいあなたには、コーセーの米肌 -MAIHADA- 【澄肌CCクリーム】がおすすめです。

 

米肌のレビュー動画はこちら(2分5秒)

 

(1)シミやくすみがしっかり隠せる

通常のCCクリームよりファンデーションよりな感じですが、自然な白さでくすみが隠れます。
部分的に見るよりも、全体でみるときれいに仕上がってるのがわかります。

 

(2)のびがいいので、ムラなくつけられる

ドラッグストアで割安なCCクリームを使っていたんですが、のびが悪くてムラになりやすく、付け心地が悪かったのを覚えています。
コーセーは「のび」のよさ、付け心地も◎で、ムラになりにくいです。

 

(3)国内最高レベルのSPF50のUVカット効果でしっかり紫外線対策

冬場でもUV-A波は、かなりの量が降り注いでいます。
また、夏だけでなく春先から紫外線の量は増えていきますので、アラフォー世代ならば、一年中気を付けておきたい項目です。
国内で表示が許される最高レベルでのUVカット効果、SPF50で、PA++++。
これは、UVA波もB波も完全ブロックしてくれる、安心の数値です。なのに、付け心地は美容クリームみたいで、肌なじみはバッチリ。

 

ファンデと同じようにお肌のカバーもしてくれるので、洗顔のときはクレンジングクリームを使うのがおすすめです。

 

(4)お米由来の保湿成分

保湿成分がしっかり入っているから、夏は紫外線の乾燥から
冬は暖房など室内外の乾燥からしっかり肌を守ります。
日本人に昔からなじみの深い「お米由来」の成分がうれしい!

 

米肌CCクリーム

てのひらに少しの量で、

お顔全体に伸びました。

ポンプタイプだから、最後まで衛生的に

使えます。

 

価格は税込・送料無料で3,780円です。
1本で5役(化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダー・クリーム・日焼け止め)です。
実はワンシーズンもっちゃったりするので、お得感もあります。

 


米肌CCクリーム公式 

 

シミやくすみなどの色味の違いを徹底的にカバーしたい人はラナレイCCクリーム

 

(1)光の乱反射を利用した薄付きなのに欠点を隠すカバー力

シミや顔の色味をカバーしたい方は「ラナレイプリズムCCクリーム」がおすすめです。
光の乱反射を利用してカバーしているので、厚塗りしなくても肌色を補正することができます。

 

(2)美容成分は肌のハリを重視しているからたるみがちな人におすすめ

ラナレイCCクリームの美容成分は、フムスエキス、加水分解酵母エキスが配合されていて、肌のハリをサポートする効果が期待できます。
フォースセラミド、トリプルヒアルロン酸、スクワラン、アーチチョーク葉エキスなどのエイジングケア成分が充実していて、ふっくらした肌になります。

 

 

30g入り 価格税込で3,780円です。送料は別途648円(全国一律)
返金保証 公式サイトから購入のみ初回限定で30日間の返金保証あり

 

 

 

 

肌の乾燥が気になるという方にはCCクリームよりもBBクリームがおすすめです。
↓青いボタンをクリックしてチェックしてください

 

BBクリームCCクリーム人気ランキング